花鳥風月エッセー


イングリッシュガーデンモデルを神戸に。

更新日時
2009年02月27日(Fri)

法人理事長の「裏ライフワーク」は「神戸にイングリッシュガーデンモデルを創る」ことです。
イングリッシュガーデンは一見ナチュラルさを強調しているように見えますが、実は数百年にも及ぶ造園技術の試行錯誤の成果であり、知識と技術を駆使した精緻で巧妙な園芸領域の芸術とも言える癒しの空間を創造しています。

イングリッシュガーデン素材の多くは酷暑の日本では夏越しが難しく、冷涼な高地をのぞいて英国式庭園を維持することは難しいと一般に言われていますが、園芸素材の選択に留意すれば十分可能であると考えています。
当面は比較的手間のかからない宿根草と花木を中心にしてボーダーガーデンづくりにチャレンジしていく予定です。また、園芸歴20年の経験の中で得てきた知識と経験を皆様にお示しできればと念じています。皆様のアドバイスも適宜いただければ幸いです。
自然の風景の移ろいや犬猫鳥など私たち人類にとって共生のなかまである生き物のすべてについても感じたことを随時ブログに掲載性して行く予定です。

2009年02月