わたぼうし


基本的な風邪予防

更新日時
2017年10月31日(Tue)

食を楽しめる季節を迎えておりますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
 初めまして。今年の4月よりわたぼうしに入職しました、常勤理学療法士の山下です。
 わたぼうしに入職して約半年、私はこれまで利用者様に対して「季節の変わり目は風邪をひかないように気を付けましょう。」「体調管理が大事です。体調を崩すと運動もできません」と口うるさく言ってきました。しかし、最近私が風邪をひいてしまいました。声掛けをしていた立場なのに、情けない話です。こんな私が話しても説得力にかけるかもしれませんが、、、ここで基本的な風邪予防を調べてみましたのでいくつか紹介したいと思います。

ー蠕いとうがいをする・・・・これは基本!(私も毎日しています。)
 例)緑茶うがい:カテキンという殺菌作用があり、喉の炎症を消毒する効果があるみたいです。

⊇淑な睡眠をとる・・・・これも基本!(私は深夜12時過ぎていることが多く、不規則になっていました。現在は6〜8時間睡眠を心掛けています。)

E度な運動・・・・日光を浴びることが大切!1日20分でもウォーキングをすると良い!(私はたまにゴルフやスノボーをしていますが、それ以外は何もしていませんでした。現在近くのスーパーや飲食店までは歩いていくなど心掛けています。)

け浜椒丱薀鵐垢里箸譴真事・・・・ビタミン・ミネラルを積極的にとると良い!(私は自分が食べたい物を食べていました。現在はインスタント食品を控えるなど気をつけています。)
 例)柑橘類(ミカンやキンカンなど)、緑黄色野菜(ピーマンやブロッコリーなど)はビタミンが豊富。牡蠣やチーズ、レバー、卵黄などはミネラルが豊富みたいです。

ド屋の温度・湿度に気を配る・・・・湿度50〜60%、温度20〜25℃が良い!(私は気にかけたこともありませんでした。)

Τ綾仍にマスクを着用する・・・・ウイルスの侵入を防ぐだけでなく、呼吸に含まれる湿気が喉を潤してくれる!(私は着用を心掛けています。)

О酒・喫煙は程々に・・・・免疫力が下がる!(私は相当な努力が必要です。。。)
 ※食欲が有る状態であれば、「たまご酒」「ホットワイン」は良いこともある?
 
 以上簡単な紹介ではありますが、皆様は何項目出来ているでしょうか?私は上記の項目で ↓Δ里佞燭弔靴行えていませんでした。私はこの結果を受け、改めて反省しました。風邪を引いた原因に思い当たる節は確かにありました。初めは喉が痛いという症状から始まったのですが、風邪とは思わず、すぐに治るだろうと、普段と変わらない生活を送っていました。気づいた時に何か予防できていたら、結果は違ったのかもしれません。風邪をひく前の予防、ひき始めたと感じた時に早急に対応することが、とても大切であると気づくことができました。
 現在は外食を控えたり、少しでも調子が悪いと感じた時は人ごみを避けたりなど心掛け、毎日元気に過ごしています。

 上記で紹介した基本的な風邪予防の他にも調べてみると様々な予防方法がありましたので、興味がある人は調べてみるのも良いと思います。また、何か良い風邪予防がありましたら、教えて頂けるとうれしく思います。

 最後に秋も深まり、冷え込んで参りました。インフルエンザも流行る時期になります。皆様もお体にお気をつけください。

私の祖父、祖母です。
祖父は御年92歳、祖母は87歳。
風邪をひいたところを見たことがありません。
これからも元気に、長生きしてほしいと思います。


山下 一彰

2017年10月